科学的に見た炭酸

からだへの効果が期待される炭酸の主なパワー5つを、科学的に見てみましょう。
まだまだこれからという研究過程ですが、生活改善に向けて大いに期待されているものです。

炭酸泉は毛細血管を広げ

イメージ 炭酸泉内の炭酸ガス(重炭酸イオン)が皮膚を通過し体内に入ってきます。

イメージ 炭酸ガス(重炭酸イオン)は非常に小さな分子で、簡単に皮膚内を通過し毛細血管に入ってきます。

イメージ 毛細血管は、進入してきた炭酸ガスを老廃物とみなし、洗い流そうとします。

イメージ進入してきた炭酸ガスを洗い流すため、血管を広げ酸素を多く送り込みます。

イメージ 酸素が多く送られることにより、血流を活性化します。吸収された炭酸ガスは肺に運ばれ呼気として排出されます。

1) 血圧を下げるワケ

炭酸には、血管を広げ、血流を促進する作用があります。そのため、動脈硬化、心臓病などの循環器系疾患の症状緩和に効果があり、糖尿病の治療や神経痛、リウマチの癒痛緩和、冷え症にも有効です。炭酸泉浴では、低温入浴ということもあって、入浴直後に血圧が下がり、入浴後も低めに推移するという報告もあります。炭酸の血管拡張作用によって血液の流れをスムーズにすることが、心臓への負担を和らげ血圧の上昇をさせない効果を生み出しているのです。高血圧ぎみの人が安心して入浴できるのも炭酸泉浴の魅力のひとつです。

2) 血液をアルカリ性にするワケ

血液中の炭酸ガスは、ブクブウと泡になっているわけではなく、大部分が水とくっついて「重炭酸イオン(炭酸水素イオン)」になります。これが、老化や病気の元凶であるといわれている「活性酸素」の動きを妨げる働きをし、血液の酸化を防ぐパワーになるのです。つまり、いま注目されている老化の敵と戦う"抗酸化作用"として、血液をアルカリ性に改善する役目をしていることになります。まさに、炭酸泉は「不老不死の湯」といえるのかもしれません。

3) エネルギー代謝率を上げるワケ

炭酸ガスの気泡を直接皮膚から吸収すると、血管は突然酸素不足だと感知します。すると、からだの末端組織から「酸素をもっと送り込んでくれ」と命令され、反射的に血管は拡張され、血流が増して炭酸ガスや老廃物を洗い流すようになります。しかも、体温の上昇率は普通の湯の2倍強です。温浴すると温まりやすく冷めにくい炭酸泉は、ぬるいお湯でも体温を上昇させやすいのです。そのため、体内組織ではエネルギーがたくさん使われ、代謝率を上げるのです。これが、ダイエッ卜効果にもなり、美肌づくりにつながります。

4) 胃腸を整え便秘が緩和されるワケ

炭酸泉水は、飲用することで胃弱体質を整えると、昔から多くの人に支持されています。いまでももちろん、炭酸泉水を愛飲している人は数多くいますし、天然のソーダ水や人工のミネラル炭酸水を飲むことによって、胃腸の血管を拡張し、胃腸障害を緩和に役立てている人もいます。利尿効果も便秘緩和効果も報告されています。いずれにしても、炭酸ガス・パワーで、老廃物を洗い流そうとすることから、「天然のデトックス」といえます。

5) 疲労回復するワケ

炭酸泉浴や炭酸水を飲む己とで、なぜ疲労回復になるかは、「重炭酸イオン」の働きに関係しています。そのメカニズムは、つぎのとおりです。

  • 運動すると、水素イオンが発生して血液は酸性になる
  • 同時に発生した炭酸ガスが「重炭酸イオン」をつくり、血液を中和する
  • 炭酸水を飲むと、血液の中和をより効果的に促進する

疲労の原因といわれるのか水素イオンや乳酸。乳酸はいったん肝臓に運ばれ糖に合成されるか、尿や汗となって体外へ排出されますが、水素イオンのほうは炭酸に含まれる重炭酸イオンが働き排除してくれます。その結果、疲労回復となるのです。

公的機関で証明されたのはミラクルソーダだけ

証明書

意外なことかも知れませんが、公的機関に炭酸濃度を計測・証明された人工炭酸泉装置は、弊社の商品だけなんです。
浴槽内のどこの場所でも1000PPM以上の炭酸濃度であるとお墨付きを頂きました。
日本には温泉法という法律があり、それによって炭酸濃度の計測の方法が決められております。
左の書類は、ミラクルソーダシリーズで製造した炭酸濃度の計測結果です。
(財団法人茨城県薬剤師会証明)

注)この計測方法以外は正確な計測はできません

ページ上部へ戻る