なぜ炭酸が健康・美容にいいの?

炭酸といえば、サイダーやラムネ、コーラなどの炭酸飲料が身近です。
その炭酸水は、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んでいるもので、飲んだときに炭酸の気泡がシュワーっと爽快感を引き出してくれるのです。
炭酸ガスは、ヨーロッパでは昔から医学療法に用いてきました。もっとも注目されている炭酸の効能は、血管の拡張を促す働きがあることから動脈硬化、心臓病などの循環器系疾患に対する治療です。しかも、心臓に負担をかけず血管拡張しますから、血圧を下げる効果もあります、そのため、動脈硬化や心臓病のリハビリには大変重用されたのです。
今では、さらに「炭酸ガス効果Jは広がってさまざまな治療に使われています。炭酸ガスは脂肪に溶けますから、炭酸泉に入ることによって、皮脂腺が脂肪で覆われていても、皮膚に近い毛細血管や細動脈にもしみ込み、血管が広がり、血流が改善されるのです。血液の循環がよくなることは、次のような効果をもたらします。

photo

  • 血圧が下がる
  • 心臓への負担が少なくなる
  • 新陳代劇が活発になる
  • エネルギー代謝が増える
  • 利尿効果があがる

このように炭酸は、炭酸水として飲むことで爽快感を、炭酸泉に入ることで健康に、どちらも"からだにいい"効果をもたらしてくれるのです。

photo

炭酸ガスは皮膚から体の中に入り込むことが出来る数少ない物質です。炭酸ガスが、毛細血管から血液に溶け込むと、血中の二酸化炭素濃度が上がって運動後のような酸素不足になったと勘違いして酸素を取り込もうと血管が広がり、血の巡りが非常に良くなります。

photo

しばらくじっと炭酸泉に入浴していると、湯面部分の皮膚が赤く紅潮していることに気づきます。ぬるく設定していても赤く紅潮しますので、炭酸パワーのすごさに驚きます。冷え性じゃない方でも良くわかると思うのですが、お風呂からあがった後は、しばらくはポカポカ温かく感じます。これが炭酸泉の特徴です。

血液循環は健康の源です。

誰でも健康を望んでいます。どんな人でも、まずは、健康でなければ、人生を充実して生きる事が出来ません。全ての健康の土台は正常な血液循環です。

人間は約60兆個の細胞から創られています。細胞が活動するのに必要な酸素や栄養は全て血液から供給されます。また、血液は熱も運んでいるので、血液循環が正常であれば、温かい血液を身体の隅々まで運び体温を高く維持する事が出来ます。
それにより、各細胞は元気よく活動し、自然治癒力や免疫力がアップします。血液循環を良くすることで健康の基礎を手に入れる事が出来るのです。

血液と細胞の関係は、
@血液は細胞に酸素や栄養分、水や熱を運んで行きます。
A血液は細胞が出したゴミ(老廃物や毒素)を体外へ排出します。
B血液が運んだ熱により、細胞は元気よく活動できます。

さあ皆さん、血液循環を良くして病気をしない身体をつくりましょう!!

日本人の6割は三大疾患で亡くなっています。

日本人の死因は、1位 『ガン』(30.7%) 2位 『心疾患』(15.3%) 3位『 脳血管疾患』(13.8%)とされています。

実に6割の人がこの三大疾患で亡くなっています。三大疾患は全て血液循環と大きな関わりがあるのです。
近年日本人の体温が低体温化していると問題になっています。
昭和30年代は平均体温は36.8度でした。しかし現在では体温の高い人でも36度台前半、多くの人が35度台になっています。体温が1度下がると代謝能力は12%落ち、自己回復力は37%低下します。 体温が低いと病気になりやすく、病気が治りにくい身体と言う事です。
「でも、自分の平熱を高くする事ってできないよね」
ほとんどの方がそう思うでしょう。
驚く事に、体温は上げる事が出来るのです。
体温が低い=血液循環が悪いと言う事は・・・
血液循環を良くすれればいいのです。
血液循環を良くする事で体温を高くし、病気になりにくい身体、病気に負けない身体をつくりましょう。

日本はストレス社会。ストレスによって自律神経が乱れています。
自律神経は不眠不休で私たちの身体を正常に保ってくれています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、このバランスが崩れると体の様々な機能が乱れて疾病を引き起こします。
自律神経と血液循環は大きな関係があるのです。

人工炭酸泉はこんな方にオススメ!

糖尿病 高血圧 心臓病 神経痛 リウマチ 腰痛 痛風 冷え性 肩こり 床ずれ 肌荒れ 毛穴の黒ずみ ニキビ アトピー 便秘 筋肉疲労 動脈硬化 脳梗塞 脳卒中 心筋梗塞 狭心症 心不全 腎硬化症 腎不全 壊疽(ASO)

壊疽(ASO)

まさに人工炭酸泉は奇跡のお風呂です!
〈注〉人工炭酸泉で病気が治る・防げるという事ではありません

ページ上部へ戻る